塾講師として働く上で確認すべきこと│労働環境は事前に調べる

学習指導の仕事とは

家庭教師

家庭教師のアルバイトで高収入を目指すためには、生徒や保護者から高く評価されるような丁寧な学習指導が重要です。プロ教師を意識しながら働くためには、個別の学校の入試について研究したうえで、受講生に適した指導を行うべきです。

もっと見る

注意点等を理解して働こう

レディ

塾アルバイトは時給が高そうに見えますが、授業時間しか給料が発生しないケースがあるので注意が必要です。授業の前後にも拘束時間があるので、授業時間しか給料が発生しないところは避けるべきです。集団授業と個別授業のどちらがいいかは、負担が少ない方法を望むのであれば個別授業をおすすめします。

もっと見る

講師になるには

男女

塾講師になるには、資格を取得し、基礎的な知識や経験を身につけるようにしましょう。専門の求人サイトを利用すれば、効率よく情報を収集できます。また、複数のサイトの情報を見ることも重要です。

もっと見る

塾のバイト応募のコツ

女生徒

希望を明確にする

塾講師のアルバイトとは大学生や大卒、院卒者に圧倒的な支持を得ている仕事の一つです。特に大学生は初めてのアルバイトが塾講師であるという人も多く、応募先の選び方には工夫が必要です。塾講師のアルバイトでは、授業以外の書類の記入などの時間が設けられています。しかし、コマ数単位で給料が明示されている場合、書類の記入などの事務は時給換算されないことがあります。そのため、塾講師のアルバイトに応募する際は時給制なのか、または事務給が発生するのかを確認しましょう。事務作業に給料が払われなくてもその他の条件が良い場合があります。そのようなケースでは、実績を積むことで給料に関して交渉できることがあります。継続的な勤務が十分な収入に繋がるのが塾講師と言えます。

労働環境の改善

塾講師は帰宅後の書類作成や生徒のためのプリント作りなど、自主的な取り組みが重視されています。しかし、アルバイトとしての塾講師は学生が従事していることが多く、あまり時間を割けないのが現状です。このような中で、塾講師のアルバイトに取り組む学生の学習時間の確保が課題となっていました。しかし、最近では塾講師によって作られた労働団体など、アルバイトの環境を改善する動きがあります。塾は学校と並んで日本の教育を支えている面もあるため、国も塾の労働環境整備に積極的です。以前は教育業界全体が過酷なイメージがありました。しかし、塾のアルバイトという柔軟性がある部分から少しずつその環境が改善されているのが近年の流れです。